オンラインセールスのリード創出 セミナー活用のすすめ

【最終更新日:2021年1月20日】

最近よく「ウェビナー」という言葉をビジネスの世界で耳にしませんか。ウェビナー とは「Web」と「セミナー」をくっ付けた言葉で、その名の通り「ウェブ上で行うセミナー」のことを指します。

リモートワークが主流になりつつある今、ビジネスのスタイルも大きく変わりつつあります。これまで会場に参加者を集めて行っていたセミナーも、全てWeb上で開催することができるのです。

しかし、そうは言っても「実際見聞きしないで本当に商材の魅力を伝えることは可能なのか」という疑問もあるのではないでしょうか。

今、行われているオンラインセールスのセミナーとはどのようなものなのでしょうか。セミナーの活用方法も併せてご紹介します。

オンラインセールスのセミナー 目的と効果は?

従来のセミナーはどこかの会場で行うのが一般的でした。参加するためには、そこに足を運ぶ必要がありましたが、オンラインセールスのセミナーであれば、世界中どこにいても参加することが可能です。遠方であるがゆえの移動費や移動時間も必要ありません。

これまではある程度の参加可能な距離からの参加が大半をしめていましたが、オンラインで行うことにより、居住地に関係なく誰でも参加することができるようになります。多忙な人でも参加しやすくなり多くの参加が見込めるようになります。

オンラインセールスのリード創出方法とは?

世の中の働き方は急激に「リモート」に切り替わり始めました。これまで当たり前とされてきた「足を運ぶ営業」に代わり「オンラインセールス」という方法が一般的となりつつあります。

では、オンラインセールスで新たな見込み客を作り出すにはどうすれば良いのでしょうか。リード創出方法をご紹介します。

オンラインセールス 3大リード創出方法とは?

オンラインセールスには「3大リード創出方法」があります。

「メール」「セミナー」「Web広告」です。これらはオンライン上からリードを創出できる方法として注目されているだけでなく、実際に大きな効果も上げています。これらを活用するためのツールも多く存在しており、オンライン上で営業を行ううえで無くてはならないものとなっています。

オンラインセールスのリード創出 メールとWeb広告

オンライン営業のひとつと言えば「テレアポ」があります。テレアポは相手側の都合に左右されることも多いものですが、メール営業であれば相手が都合の良い時に見てもらえるため、タイミングに気をつかう必要がありません。

時間を設定し一斉に送信することも可能なので、多くの人にアプローチできるメリットがありますが、営業メールは読まずに削除されてしまいがちというデメリットもあります。

タイトルに顧客の興味を引く文言を入れるなどの工夫が必要となります。

Web広告の場合はメールのように開くという動作をしなくても、SNSなどのWeb上で目に付く確率は高いものとなります。より効果的な広告出すには、調査のうえターゲットを絞るなどが必要となります。

オンラインセールスのリード創出 セミナー

オンラインセミナーはWeb上で行うセミナーのことで「ウェビナー」とも呼ばれています。リモートワークの普及に伴い、急激に増えてきています。従来のようにセミナー会場を準備する必要がないので開催のコストを大幅に削減することが可能です。

これまでは遠方からの参加者は参加の負担が大きなものになっていましたが、オンラインセミナーであればどこからでも参加可能です。参加者側にも主催者側にもメリットは大きなものとなります。

しかし、セミナーは本来商材などを多くの人に知ってもらい見込み客を作るものです。コストがかからなくても、見込み客を獲得できないようでは意味がありません。参加者がどのようなデバイスを利用していたとしても、快適に参加できるようにレイアウトや文字の大きさなどに工夫が必要となります。

オンラインセールスのリード創出に効く!セミナーの作り方とは?

実際にオンラインセールスのセミナーを開催する場合、どのようなポイントに注目することが、リード創出に効果的なのでしょうか。

セミナーの作り方をご紹介します。

何がゴールか設定しよう

セミナーを行う時には、まず「ゴール」を設定することが必要です。どこを目標として行うのかを明確にすることで、やるべきことが見えてきますし、効果的な方法を絞り込むことも可能です。

チームで行う場合には全員が同じ方向を見て進んでいくことも成功のポイントとなります。

誰が何人参加してほしい? セミナーの想定参加者層を決めよう

セミナーでは参加者の数が重要視されがちですが、大切なポイントは「見込み客もしくは顧客になりそうな可能性の高い層にアプローチすること」です。商材に興味のありそうな層がセミナーに参加してもらえるように広告を出すことも必要になります。

一般的に考えられるニーズ層だけで無く、新たなるニーズ層を検討することも大きな効果を得ることができます。

想定参加者層に訴えるプログラムとは?

セミナーのイメージといえば、主催者が商材について説明する姿を見るというものではないでしょうか。しかし、昨今でのオンラインでのセミナーにはさまざまな形式があります。

「一人で説明する」「対談する」「インタビューする」「スライドを使う」などが代表的なものです。

参加者に興味を持ってもらうためには「引き込まれるような」セミナー作りをする必要がありますから、どのようなスタイルで商材を知ってもらうのが効果的なのかということまで検討しましょう。

オンラインセミナー 成功事例に学ぶプログラムのポイント

オンラインでのセミナーを成功させるための近道は、成功事例に学びながらプログラムを作ることです。

これまで開催してきたオンラインでのセミナーで、参加者により効果的だった事例を参考にご紹介します。いつも行っているセミナーにひと工夫するヒントにもしてみてはいかがですか。

サービス・商品の魅力を見せる

商材の現物がある場合であれば、Web上でもよく見えるようにカメラ機材にこだわることも大切です。実際に使用して見せることで参加者が手に取らずとも詳細がよく伝わりますので、PCに内蔵されたカメラではなく、撮影用のカメラを用意することをオススメします。

また、商材が目に見えるものでない場合には、参加者が使用している場合を想像しやすいように導入事例などを交えることも効果的です。一般的によく抱えがちな問題などの解決例なども複数用意しておきましょう。

インタラクティブにコミュニケーション

インタラクティブとは情報をやりとりする「対話」のことです。説明者の話をただ一方的に聞くだけでは「飽き」がきてしまいます。参加者と対話をしながら進めていくことで、参加者の興味のあるポイントもわかりますし、その場で答えて疑問を解決することもできます。

参加者の「カメラ」と「マイク」をあえて「ON」にすることで参加意識もグッと向上しますし、双方が顔をみれる状態にしておくことで「途中退室」の対策としても期待できます。

フォローアップも丁寧に

セミナーは終了後のフォローも重要なポイントになります。セミナーで使用した「スライド」、セミナーの「レコーディング映像」、時間の関係で答えられなかった質問の回答などを、後日参加者へのお礼メールと一緒に送りましょう。商材への理解が一層深まります。

オンラインセールスのリード作りにセミナーはイチオシ

オンラインでの営業が世の中の主流に移りつつある中で、オンラインセミナーのやり方もさまざまな手法が表れ、効果的なやり方は日々進化しています。

「実際に手に取らずとも」商材の魅力を伝える方法はあります。オンラインセールスで見込み客を作りたいのであれば、セミナーはイチオシの手法と言えるでしょう。

オンラインでのセミナーを行う度に、内容や結果の詳細を振り返り、次への改善点を見つけましょう。試行錯誤することで、より効果的なセミナーを提供していきましょう。

ノウハウ公開

  1. 生産性の高いインサイドセールスチームを組成しよう

  2. 「分かりやすさ」意識してる?

  3. 【2021年最新版】オンライン商談のよくある失敗事例とその対策方法

  4. 【保存版】成約率の上がるオンライン商談の進め方

  5. オンライン商談とリアル商談の違いを理解して成約率を上げよう

新着記事

  1. インサイドセールスで成果を上げる方法

  2. オンライン商談システムのメリット・デメリット

  3. オンラインで営業活動をしよう!

  4. インサイドセールス人材の育成方法とは?

  5. 徹底解説!インサイドセールスとは?