オンラインセールスシステム ベルフェイスとは?

【最終更新日:2021年1月9日】

インターネット環境にてデジタルツールを活用して営業活動を行う「オンラインセールス」。交通費や移動時間の削減、1日あたりの対応件数増加、全国や海外にも営業可能などメリットがあり、最近では感染症対策の面でも注目されています。

オンラインセールスにはデジタルツールの活用が欠かせませんが、今回はオンライン商談を行うことができる「ベルフェイス」をご紹介します。わずか5秒で接続でき、相手の顔を見ながらリアルタイムでコミュニケーションを取ることができるため、オンラインなのに訪問営業と同じような営業活動が可能になります。

ベルフェイスの特徴やユーザーの声をご紹介するので、導入を検討している方は参考にしてみてください。

ベルフェイスとは?オンラインセールスシステムベンダー

顧客のもとを直接訪問することなく営業活動を行う「オンラインセールス」。ベルフェイス(bellface)は、オンラインセールスを円滑に実現するためのオンライン商談システム(Web会議システム)です。アプリをインストールする必要なくクラウド上で立ち上げることができ、相手の顔や資料を見ながら会話を進められるため、訪問営業と変わらないクオリティの商談を展開することができます。

一般的なオンライン商談システムではパソコンに内蔵されたマイクを利用して通話をしますが、ベルフェイスは内蔵マイクを使わず電話で通話をするため、通話が途切れるという心配もありません。

ベンダー(製造元)はベルフェイス株式会社。2015年に設立され、現在は東京都の渋谷と新橋にオフィスを構えています。

オンライン商談システムベルフェイスとは?

ここからはベルフェイスの詳しい特徴や機能などをご紹介します。

ベルフェイス=商談管理システム+営業管理システム

ベルフェイスはオンライン商談を実現するためのシステムですが、商談管理や営業管理の機能も併せ持っています。

商談中に録画・録音ができるため、今までブラックボックス化していた商談内容を共有するのに役立ちます。録画した商談内容は他のメンバーに成功事例として共有したり、新人教育に活用したりすることができます。

またSalesforceと連携することで活動履歴を自動生成することができ、商談内容を営業アクションとして蓄積することで営業管理をすることも可能です。

ベルフェイスの特徴 紙のようなわかりやすい画面

ほぼ全ての営業担当者が商談では資料を活用するかと思いますが、ベルフェイスでは紙ベースの資料を同じようなサクサクとした操作性を実現しています。簡単に資料共有をすることができるので、提案書、事例集、料金表、見積書などの複数の資料を必要に応じて切り替えることができます。

ベルフェイスの特徴 接続は5秒

ベルフェイスは5秒で接続できるため、すぐにでも商談を始めることができるというメリットもあります。

ブラウザでベルフェイスのサイトを開き、4桁のコードを入力するだけで入室可能。アプリインストールや会員登録をする必要がないためユーザーエントリーが簡単です。

ベルフェイスの特徴 名刺はコンテンツもリッチ

初回の商談で必須の名刺交換ですが、オンライン商談では直接交換することは難しいです。ところがベルフェイスには名刺代わりのプロフィールシートがあるため、名刺交換ができなくても相手の情報を得ることができます。さらに名刺よりも内容が充実しており、写真を登録したり出身地や趣味などを記載したりできるため、相手に信頼感を与えることもできるでしょう。

ベルフェイスの特徴 Salesforceと接続、データが使える

SFAのSalesforce(セールスフォース)とシステム連携することで、シームレスに情報をつなぐことができます。商談後に活動履歴としてオンライン商談が記録され、録画内容のURLや商談中のメモも同期することが可能です。Salesforceへの入力工数を削減して業務の効率化が狙えます。

ベルフェイスの特徴 メモ機能が商談時に便利

商談中には、双方から入力や編集ができる共有メモ機能が便利。商談を進めながら共有メモで議事録を記録していくことで、内容の誤認を防ぐことができます。

また相手の連絡先を聞く際にメモ機能をお互いに確認できるようにしておけば、メールアドレスのスペルミスや電話番号の聞き間違いなどの防止にもなります。

ベルフェイスの特徴 安定した電話会議の接続

先述の通り、ベルフェイスではパソコン内蔵のマイクを使用せず、通話には電話を利用します。普段利用している携帯電話やスマホで電話をしながら、パソコン画面で相手の顔や資料を見て商談を進めるという形式です。

なぜ電話を使うかというと、オンラインでの通話では通信状況が不安定だと通話が途切れてしまいストレスになってしまう可能性がありますが、安定した通話クオリティの電話だとそのような通信トラブルが起きないためです。

ベルフェイスを使ったユーザーの声で知るその効果

ベルフェイス導入を検討している方には、実際のユーザーのレビュー・声が気になりますよね。どのような効果を実感できたのか、さまざまなレビューサイトを参考にベルフェイス導入の効果をまとめてみました。

会議の設定が単純な操作で行える

発行した4桁の接続ナンバーを相手が入力するだけでオンライン会議室に入室することができるという操作性が評価されています。ユーザーエントリーのための入力作業やインストールなどが不要なので、お客さま側の負担が少なく、オンライン商談に抵抗を感じている人にも気軽に提案をすることができます。

接続が早く顧客コミュニケーションには使いやすい

公式サイトで「5秒で接続」と謳っているように、接続はとてもスピーディ。接続が遅かったり途切れたりするストレスもなくコミュニケーションを取ることができるため、顧客との商談だけでなく簡単な打ち合わせや事前ヒアリングなどさまざまなコミュニケーションシーンで活用できます。

操作がシンプルでわかりやすい

接続方法だけでなく他の操作もシンプル。資料共有や画面共有、録画・録音機能などはワンクリックでできるため、お客さまを待たせることなく必要な情報を提示することができます。

わかりやすいインターフェースなのでITリテラシーが低い人でも使いやすいと評判です。

留意点 利用料金が他の製品より割高

ベルフェイスの料金体系は公開されていませんが、1アカウントあたりの月額利用料金を支払うことで利用できるようです。しかしその利用料金が割高だという声をいくつか見かけました。また初期費用もかかるようなので、予算とのバランスを考える必要があるでしょう。

他のオンラインセールスシステムとの料金面や機能面で比較検討してから選択することをおすすめします。

オンラインセールスツールとしておすすめ ベルフェイス

オンラインセールスでの商談プロセスを実現するためのツール「ベルフェイス」。スピーディな接続と簡単な操作性で、オンラインセールスの効率化が期待できます。

これからますますオンラインセールスが浸透することが予想されるので、ベルフェイスなどのツールを駆使してオンラインセールスを取り入れていきましょう。

ノウハウ公開

  1. 【2021年最新版】オンライン商談のよくある失敗事例とその対策方法

  2. 【保存版】成約率の上がるオンライン商談の進め方

  3. オンライン商談とリアル商談の違いを理解して成約率を上げよう

  4. 客寄せ商品を作ろう!

  5. マーケティングと営業の違い

新着記事

  1. オンライン営業を効果的に活用しよう!

  2. インサイドセールスを経営に取り入れてやりがいのある組織づくりをしよう

  3. 外部委託しないインサイドセールス!自社だけで成果を上げるには?

  4. 法人におすすめ! 他ツールと連携しやすい名刺管理アプリ3選

  5. 【2021年最新版】オンライン商談のよくある失敗事例とその対策方法